CONTENTS
新着情報

◎2017/2/20

メディア化するその理由 の情報を更新しました。

「ECサイト クラウド」
に関連するツイート
Twitter

今日したこと ・GitHub Desktop 使い方周辺 ・トレースサイトのコーディング ・バナートレース(Illustrator・Photoshop)、バナートレース素材収集 ・ECサイト情報収集、ワイヤーフレーム考え ・クラウドソーシングにて新案件探索 ・ポートフォリオの管理方法について

“Java開発者向けネットショッピングECサイト構築プラットフォーム"BeeCart"の次期バージョン開発支援をクラウドファンディングで募っています - アーツラボラトリーのプレスリリース” htn.to/euarJnaWz1q

Twitter[labunix@らぼゆにっくす:~]$@labunix

返信 リツイート 11/15(木) 21:24

クラウドワークスのコンペ「ECサイトを制作するにあたり、ロゴデザインを募集したいと思います。」で31提案の中から採用されました!crowdworks.jp/public/jobs/26… #crowdworks

クラウドファンディングとECサイト(よくあるオンラインショップ)を同じものと考えるのはよろしくないと私は思います。

MFクラウドに頭が上がらない自分ですが、不満を一つ。ヨドバシカメラのECサイトとの自動連係、マヂでお願いします!! カメラ機材、スタジオ用品、文房具、買い物の3分の1はヨドバシなんです。彼ら配送も本当に頑張ってくれているから、是非よろしくお願いします。 @Yodobashi_X @biz_karte

Twitter新井勇作 is DUAL WORKer@arai_yusaku

返信 リツイート 11/14(水) 11:41

Java開発者向けネットショッピングECサイト構築プラットフォーム"BeeCart"の次期バージョン開発支援をクラウドファンディングで募っています value-press.com/pressrelease/2…

☆WEBサイトサイトの新規開発案件☆ 総合ECサイトの開発にてJavaでの開発経験をお持ちの方を探しております!スマホアプリやタブレットによる業務アプリ、クラウド、ビッグデータ案件など複数の業務があります! itanken.com/jobs/3400

いくつかのクラウドファンディングサービスがほぼECサイトになっているのは何なんだろうか。それ自体に問題があるとは思わんけど盛り上がってる感を演出したいだけなのかな。

クラウドワークスのコンペ「ECサイトを制作するにあたり、ロゴデザインを募集したいと思います。」に参加しました。crowdworks.jp/public/jobs/26… #crowdworks

この本、最近読みましたがAmazonについて一般の人が使うECサイトからクラウドサービスAWS、物流代行サービスのFBAまで詳しく書いてあり、改めてAmazonが世の中の暮らしに与える影響の大きさを感じました。 amazon 世界最先端の戦略がわかる | 成毛 眞 |本 | 通販 | Amazon amazon.co.jp/amazon-%E4%B8%…

ECサイトの成り立ちについて

ECサイトの成り立ちについて インターネットを使っている人であれば、ECサイトを見る機会は多いです。
インターネットを利用して商品やサービスの売買を行うことを、Eコマースと呼びます。
ECサイトは、Eコマースのサービスを提供しているサイトのことです。
ECサイトには、自社サイトとモール型サイトがあります。
自社サイトは、自分でサイトを構築するタイプで、全く何もないところから自力で立ち上げる人もいます。
ショッピングカートサービスや、ECサイトの構築ツールを使ってサイトを構築する人もいます。
モール型サイトは、モールが提供するシステムを利用するため、決済はモールが代行してくれます。
初めから店舗管理システムなどが用意されているため、自分でサイトを構築する必要がなく楽です。売り上げを上げるためには、顧客が使いやすいサイトを作ることが大事です。
また、操作がしやすいことも重要です。 商品の配置が見やすいか、検索が簡単にできるかなど、細かい部分にも気を配ってサイトを構築する必要があります。
また、顧客から相談や質問があった時は、すぐに対応することも大切です。 商品が良くて、サービスも良いサイトは、リピーターの数も多いです。リピーターの多さは、売り上げの拡大につながります。

ECサイトのクラウド対応について

ECサイトはWebサーバとデータベースサーバで構築されますが、多くのサイトでレンタルサーバを利用するケースが多いのですが、増えてきているのがクラウド版のECサイトです。
一般的なレンタルサーバの場合、レンタルしたサーバに対して課金されますが、クラウド対応版は利用した時間もしくは、CPUの利用量で計算されることが多くなっています。料金の差がとても大きく注目されています。
もっとも差がつきやすいのが深夜帯の利用です。
レンタルサーバの場合は見られていなくても課金されますが、クラウドの場合は利用されなければ課金されず、特に日中から深夜直前までの利用が多い一般的なECサイトの場合は料金が一気に減ることが多くなります。
また、レンタルサーバはPVが爆発的に増えても対応しづらく、販売する機会を失うケースが多いのですが、クラウドの場合は設定しておけばPVに合わせてCPUなどを増減してくれますので販売機会を失うこともなく、また、レンタルサーバのようにPVが減ったとしても高機能なサーバを狩り続けなくてはならないということもありません。
効率的なサーバの利用ができるので好評です。ただし、使えるECサイトソフトが限定されていることが多いので注意したいところです。